無料で手軽にネットショップを始められるサービスはいくつかあります。

今回は「BASE」を使ってみます。

 

ネットショップを簡単にオープンする

BASEを選んだ理由

・基本的に無料

・決済の導入が簡単。

・手数料が若干割安 ※BASEは3.6%+40円。後払いは6%、STORES.jpは5%

・ダウンロード販売可

 

デメリット

これはBASEだけでなくSTORES.jpにも言えるのですが基本的にHTMLなどソースの変更ができない。

変更するにはBASEは月900円払う必要がある。

現在は無料でHTML編集できます。

STORES.jpはプレミアムプランでもHTML編集できない。

 

 

公開の手順は簡単です

・アカウント登録

・「特定商取引法に関する表記」の登録

・決済方法の設定

・商品登録

これだけで公開できちゃいます。

 

決済方法の設定については本当に楽で

クレジットカード決済
銀行振込
コンビニ・Pay-easy決済
後払い決済

の中から使いたい決済方法にチェックをいれ、屋号(ショップ名)を入力するだけ

 

デザインはデフォルトで11種類から選択できます。

 

 

BASEをカスタマイズする

デフォルトだと物足りなかったりデザインが他のショップとかぶるのが嫌な場合はHTML編集ができます

 

基本のテンプレートは

 

普通のHTMLに見慣れないタグがありますね。

これはBASEは独自のテンプレート変数です。

 

テンプレート変数はたくさん用意されていてこれらを利用して編集していきます。

すべてのページが自由に編集できるわけではなく主に

indexページ(トップページ)、商品詳細ページは比較的細かく編集できます。

特定商取引法などはテンプレート変数で一括出力しています。

それでも出力されたidやclassにCSSをあてればある程度は編集できますね。

 

そして、デフォルトで公開したショップはこちら

 

 

 

 

テーマ編集後のショップ

 

 

 

全体的にシンプルかつ印象的なデザインにしてみました。

ヘッダーはパララックスを使用

商品一覧は商品画像と商品情報をブロック(タイル)のように分割して商品を1つ1つ目立たせるようなレイアウトにしました。

機能としてはスライダーの画像を3枚設定、色の設定や文字サイズを変更できるようにし、フォントも選べます。

今回のテーマは申請中なので公開できましたらまたご報告します。

 

カスタマイズの依頼もお受けしております。

 

Reader Interactions