静的サイトジェネレータが気になったので使ってみました。

静的といってもブログも作れます。

言語はrubyやGO,javascrptなど

 
今回は生成が早く軽いと噂のHugoを試してみます。

Hugoを使ってみる

まずbrowをインストール

Hugoをインストール

設定ファイル config.toml

テーマは色々あるのでここから選んで使えます

http://themes.gohugo.io/

テーマを使う

記事作成

サイトの確認

公開はpublicフォルダ内をサーバーにアップロードすればOK

今回作ってみたデモサイト

https://milkycocoa.com/single/staticsitegenerator/38280131/

作ってみただけだとそっけないのでGoogleのPageSpeed ToolsとMTmetrixでサイトのパフォーマンスをチェックしてみた

PageSpeed Tools

GTmetrix

全く設定をいじっていない状態です。
記事が多くなってきたときのパフォーマンスがきになりますね。

慣れるまでは大変かもしれませんが基本的な操作を覚えてしまえば快適かもしれません。

Reader Interactions